医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛はエステサロンよりも効果が高く美肌になれることで知られていますが、これから医療レーザー脱毛を始めようとしている人の中には副作用のことが気になっている人もいるでしょう。医療レーザー脱毛は安全性が高いので副作用の心配はほとんどないのですが、施術後はレーザーの熱で肌が火傷を負った状態になり、外部からのダメージを受けやすくなっています。火傷といっても一時的な日焼けのようなものなので、数日経てば自然とおさまってくるのでそこまで心配することもありません。しかし、患部を清潔に保つことが必要なので、当日に入浴は避けた方が良いです。毛穴に雑菌が入ると毛膿炎になってニキビの原因になります。もし炎症がおさまらなかったり、赤みが気になるようならクリニックへの受診をお勧めします。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛を行っているクリニックでは、少なくなっているものの、施術時にトラブルが起こることがあります。火傷のような状態になったり、レーザーの打ち漏れなどが挙げられます。カウンセリング時にテスト照射で副作用がないことや、肌に合うことを確認したり、トラブル時の保証がしっかりしていたり、また、打ち漏れの場合には、一定の時間を置いて再照射を行ってもらえるなど、アフターケアが充実しているクリニックを選びましょう。
町田で全身の永久脱毛をしたいかたはこちら

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛を行うと脱毛の副作用としてワキ汗が多くなったり、ワキガがひどくなるという口コミをよく耳にします。
ワキ汗が多くなると感じるのは、汗が流れるのを邪魔をしていた毛が無くなったことで、汗が流れ易くなったのを汗の量がす増えたと勘違いしてしまったのです。
ワキガがひどくなったという口コミはまったくの反対で、毛を毛根から無くしているので雑菌が減り、臭いもなくなるという効果があるというのが本当のところです。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

ムダ毛をなくして素肌をきれいにする医療レーザー脱毛ですが、赤みなどの副作用を防ぐためにもきちんとアフターケアをすることが大切です。基本的には刺激を避けて保湿していれば大丈夫ですが、日常的に行っている動作が刺激に繋がっていることもあるため、注意しなければなりません。
例えばお風呂ですが、施術当日に入浴すると炎症やほてりが長引く原因となるため、体を洗う場合は軽くシャワーだけで済ませるようにしましょう。サウナなども厳禁です。帰宅してからもほてりが残ってしまっているなら、脱毛した部位を冷やすようにしましょう。また、脱毛後の肌は敏感で少しの紫外線でもダメージになってシミを作ってしまうことがあるので、日焼けしないよう注意しなければなりません。
レーザー脱毛 川崎 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です